女性のピークは40代も続く?性欲の男女の違いとは

性欲は人間の3大欲求と言われていますが、とてもデリケートな部分でなかなか人には相談できないものです。結婚したものの、最近はご無沙汰・・・って悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

男性の性欲のピークは10代から20代前半までと言われており、結婚適齢期の30台となると男性ホルモンのテストステロンの分泌が減少し性欲が落ちてくる頃となります。では女性はどうなのでしょうか?

実は女性の性欲のピークは男性と異なります。

女性の生殖活動に影響する女性ホルモンの中にエストロゲンがあります。このエストロゲンは女性の身体を魅力的にしたり、性欲をつかさどる役割をしています。女性は生まれた時から卵巣などの生殖器が整っており、8~10歳ころになるとエストロゲンの分泌が開始されます。エストロゲンの分泌が順調に増えると卵巣がしっかりと機能し始めます。その後どんどんエストロゲンの分泌が増え、20代後半から30代前半になるとピークを迎えます。また女性の中でも男性ホルモンのテストステロンが働いています。このテストステロンは男女ともに性欲や性衝動を起こす役割があります。女性はこのテストステロンが20代で高まった後、40代でもある程度の量を分泌します。このことから女性の性欲は18歳から45歳ぐらいまでがピークと言えます。

もちろん個人差はありますが、20代でピークを終える男性と40代になってもピークを維持する女性とでは性欲の差があります。

私もこの事実を知るまでは男性はいくつになっても性欲があり過ぎて困っていると思っていました。そして、誘われないことに対して愛情がないのかな?女性としてもれなくなったのかなと悩んだりしました。男性と女性の性欲のピークの違いを知ると少し納得できる気がしてきますよね。もちろん社会生活の中でのストレスや疲労から一時的にそうなる方もいらっしゃいます。まずは性欲についてよく理解することで思いつめることのないようにしなければいけません。